川村大使のベルゲン大学主催日本文化デー出席

2021/9/12
花くばりデモンストレーション
盆栽の展示
折り紙ワークショップと着物の展示
剣道デモンストレーション
川村大使とベルゲンフィルハーモニー・バイオリニストのスズキ・チオリ氏
9月12日、川村大使はベルゲン大学日本庭園で開催されたベルゲン大学主催日本文化デーに出席しました。

文化事業の内容は、日本庭園のガイドツアー、ノルウェー人写真家バッケ(Ms. Lisa Karina Bakke)氏及び書道家・中島宏行氏による日ノルウェー共同作品「Life with Nature」の展示・ガイドツアー、お点前、花くばり(注:剣山やスポンジを使用せず、自然の葉や枝等のみを使用した生け花)、剣道及び居合のデモンストレーション、盆栽、俳句、着物及び日本文学作品の展示、折り紙ワークショップ、ベルゲンフィルハーモニー所属バイオリニスト日本人による邦楽の演奏(ドラえもん、鬼滅の刃、紅葉及びスパーマリオ)等が行われました。
日ノルウェー合同作品の展示を紹介する写真家・バッケ氏
左から、ヴァッレスタ駐ベルゲン日本名誉総領事、川村大使、アシェン・ベルゲン大学博物館館長、写真家バッケ氏
行事の開会にあたっては、川村大使から、ベルゲン大学による日本文化デーの開催、日本庭園の維持及びこれまでの当館主催日本語弁論大会への参加・協力に対し深甚なる謝意を表明するとともに、本年12月にコングスヴィンゲルにてノルウェー初開催となる日本語能力試験(JLPT)及び今後の当館主催文化事業に係る参加及び協力のお願いをしました。

なお、会場となった日本庭園は、日ノルウェー外交関係樹立100周年を記念する2005年に、日本とノルウェーの相互理解の促進に寄与することを目的に造園されました。2017年から2年に1度、日本庭園にて日本文化デーが開催されています。
開会式にて挨拶をする川村大使