2020年在ノルウェー日本大使館主催オスロ日本語弁論大会

2020/4/6
3月28日(土),オスロ大学にて開催を予定していました日本語弁論大会について,コロナウイルス感染拡大防止の観点から,ビデオレター形式での開催に変更し,下記の要領にて実施致しました。
  1. 参加者は各自が所有するスマートフォンやビデオカメラ等を使用の上、参加者自身のスピーチを録画。当館に動画を送付。
  2. 審査員4名は,各動画を日本語力及びスピーチ力の観点から点数方式で審査。各審査員による審査結果点数の合計高位順に成績優秀者を決定。

本年のオスロ日本語弁論大会では,開催形式の突然の変更にもかかわらず,合計13名(グループA:7名,グループB:6名)の参加があり,参加者各自の個人的な経験や関心に基づいたテーマについて流暢な日本語でスピーチをする参加者の姿が印象的でした。 成績優秀者は,オスロ大学日本学科2年生のイーリン・リー氏と同大学3年生のヤーラン・ホーラン氏がそれぞれ,初級グループ,上級グループの第一位に輝きました。主要な優勝賞品としては,初級グループの優勝者に対して,スカンジナビア・ニッポン笹川財団から訪日支援資金7,000NOK,上級グループの優勝者に対して,同財団から訪日支援資金10,000NOKが贈られました。

入賞者の皆様,おめでとうございます!また,惜しくも今回入賞を逃した皆様も,よく頑張りました。来年の日本語弁論大会も楽しみにしています!

受賞者

  グループ A 初級者 グループ B 上級者
第一位 イーリン・リー氏 ヤーラン・ホーラン氏
第二位 マリウス・トシュタイン氏 サラ・マリーア・アシュレセン氏
第三位 リーセ・ボールム氏 ウジャラ・シエーダ氏

賞品

テキスト ボックス: 賞品  グループA(初級者) グループB(上級者)
第一位
第二位賞
第三位賞
参加賞