新型コロナウイルス検査陰性証明を発行するノルウェ-国内の検査機関について

2022/5/2
日本入国・帰国の際は検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないことになります。

ノルウェー国内では以下の検査機関で新型コロナウイルス検査の実施及び陰性結果証明の発行を行っています。 
受検を予約される際に、厚生労働省が指定するフォーマットによる陰性結果証明の発行が可能であるかにつきご相談いただき、可能な限り同フォーマットによる証明の発行をお願いしてください。

【検査機関】
Oslo Helse(Oslo)
Dr. Dropin (Oslo, Trondheim, Bergen)
Aleris (Oslo, Trondheim, Bergen, Stavanger, Åresund)
Volvat (Oslo, Bergen)
Kry (Oslo, Trondheim)
Helsepartner (Tromsø)
Klinikk Spero (Oslo, Bergen, Stavanger)
Medi3 (Åresund)

検査証明書の提出について(厚生労働省が指定するフォーマットはこちらのペ-ジでダウンロ-ドできます)
検査証明書について(Q&A)

(※)一部検査機関において厚生労働省が指定するフォーマットへの転記対応が出来ない事例が発生しております。検査機関の任意書式による証明しか取得できなかった場合は、「検査証明書へ記載すべき内容」がすべて記載されていることをご確認いただくようお願いいたします。また、可能な限り、ファストトラック(https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/)を通じて、搭乗便到着予定日時の6時間前までにその証明書をアップロードし、日本の検疫所による事前審査を受けることをお勧めいたします。