二十五弦筝演奏家中井智也コンサートのレポート
2018年1月30日 オスロ市内コスモポリットにて

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2018年1月30日、在ノルウェー日本大使館とコスモポリットの共催による中井智也氏の二十五弦筝演奏会が開催されました。

中井氏は日本を牽引する箏曲家・作曲家として知られており、今回はスカンジナビアのコンサートツアーでオスロを訪問されました。約一時間半の演奏会を通して、『さくらさくら』および『おぼろ月夜』など日本古謡・童謡編曲からサウンドオブミュージックの名曲『私のお気に入り』、源氏物語を元にした自作現代曲五曲など、中井氏は多様に富んだ素敵な演奏をされました。

聴衆は中井氏の美しく巧みな演奏に魅せられ、盛大な拍手が続きました。最終曲であった『花のように』は会場の皆さんへの心を込めた贈り物です、と中井氏からの紹介があり、演奏後は会場全体がスタンディング・オベーションに沸きました。中井氏はアンコール曲として童謡の『シャボン玉』を詩的なやわらかい演奏で弾かれました。約百六十人のお客様が来場されました。聴衆の皆さん、そして中井智也さん、忘れられない素晴らしいコンサートをどうも有り難うございました。

(二十五弦は、1990年代中井氏の師匠箏曲家野坂恵子氏によって開発された楽器であり、十三弦筝を元に音域を広げた新しい楽器です。)